_/img/news.png

English / Japanese

CD artwork : PLANKTON | Ryuichi Sakamoto

music for an installation by Christian Sardet and Shiro Takatani 
art direction: Shiro Takatani
design: Takuya Minami
http://www.milanmusic.fr/catalogue/1539


exhibition : Le Grand Orchestre des Animaux

2 July, 2016 - 8 January, 2017 
PLANKTON: A Drifting World at the Origin of Life 
Christian Sardet: images 
Shiro Takatani: installation 
Ryuichi Sakamoto : sound
Fondation Cartier pour l’art contemporain, Paris (France) 
https://www.fondationcartier.com/?l=fr#/fr/art-contemporain/26/expositions/2638/en-ce-moment/2640/le-grand-orchestre-des-animaux/  
 
interview with Ryuichi Sakamoto 
https://www.youtube.com/watch?v=fN7ouL4T-SM  
interview with Christian Sardet 
https://www.youtube.com/watch?v=cUgpEc7PU4U


exhibition : KYOTOGRAPHIE _ international photography festival

23 April - 22 May, 2016
PLANKTON: A Drifting World at the Origin of Life
Christian Sardet: images
Shiro Takatani: installation
Ryuichi Sakamoto : sound
Kyoto Municipal Museum of Art Annex (2F)
http://www.kyotographie.jp/en/portfolio/sardet-takatani-sakamoto


exhibition : collection 1

10 October - 27 December, 2015
video installation, optical flat (collection of The National Museum of Art, Osaka)
The National Museum of Art, Osaka

New performance creation : ST/LL

world premiere on 12, 13 May, 2015
Le Volcan – Scène Nationale du Havre
http://www.levolcan.com/spectacles/shiro-takatani


Direction :
Shiro Takatani
Performer :
Yuko Hirai, Mayu Tsuruta, Misako Yabuuchi, Olivier Balzarini
Music :
Ryuichi Sakamoto, Marihiko Hara, Takuya Minami
Lighting design :
Yukiko Yoshimoto
Media authoring :
Ken Furudate
Text :
Alfred Birnbaum
Stage manager :
Nobuaki Oshika
Technical director :
So Ozaki, Thomas Leblanc
Video technician :
Shimpei Yamada
Assistant programmer :
Ryo Shiraki
company manager :
Yoko Takatani (dumb type office Ltd.)

Acknowledgement :
60 cradles - rehotne sinta / voice: Yoko Kawakami
©The Foundation for Research and Promotion of Ainu Culture

Production :
Dumb Type Office
Co-production :
Le Volcan – Scène Nationale du Havre
Biwako Hall - Center for the Performing Arts Shiga, Japan
Production, touring :
EPIDEMIC

installation : LIFE-WELL Park Hyatt Tokyo Version

Ryuichi Sakamoto + Shiro Takatani / Park Hyatt Tokyo 20th Anniversary "TIMELESS PASSION"
13 - 24 November, 2014
Park Hyatt Tokyo, Japan


performance (work-in-progress) : public rehearsal for Le Soulier de Satin (Paul Claudel)

direction: Moriaki Watanabe + visual: Shiro Takatani
5 October, 2014
Kyoto Performing Arts Center - Syunjuza, Japan

exhibition : KYOTOGRAPHIE _ international photography festival

19 April - 11 May, 2014
video installation, Mars, a photographic exploration in collaboration with Xavier Barral
The Museum of Kyoto Annex
http://www.kyotographie.jp/artists/51.html


performance : Aoi no ue (experimental Noh theater) / L'ombre double (Paul Claudel: Le Soulier de Satin)

direction: Moriaki Watanabe + visual: Shiro Takatani
29, 30 March, 2014
Kyoto Performing Arts Center - Syunjuza, Japan
http://www.k-pac.org/performance/20140329b.html

exhibition : water state 1, LIFE―fluid, invisible, inaudible… ver.2

Ryuichi Sakamoto + Shiro Takatani / YCAM 10th Anniversary "ART-ENVIRONMENT-LIFE"
1 November, 2013 - 2 March, 2014
Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM], Japan
http://www.ycam.jp/en/art/2013/11/art-environment-life.html


performance : LIFE-WELL

Mansai Nomura + Ryuichi Sakamoto + Shiro Takatani
22 October, 2013
Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM], Japan

related installation LIFE-WELL installation
20, 21, 22, 26, 27 October, 1, 3, 4 November, 2013
Noda-jinja shrine, Yamaguchi, Japan
http://10th.ycam.jp/term2/525/

exhibition : Forest Symphony

visual direction for Ryuichi Sakamoto's project in collaboration with Kenji Yasaka and YCAM InterLab
26 July - 1 December, 2013
Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM], Japan
http://10th.ycam.jp/term1/493/

exhibition : KYOTOGRAPHIE _ international photography festival

13 April - 6 May, 2013
video installation, Ice Core, Snow Crystal - fiber optic type,
at Saigyo-an, Kyoto
http://kyotographie.jp


exhibition : Search for New Synesthesia

27 October, 2012 - 3 February, 2013
Museum of Contemporary Art Tokyo
http://www.mot-art-museum.jp/eng/current.html
new installation, collapsed, silence spins, collaboration with Ryuichi Sakamoto and Seigen Ono

New performance creation : CHROMA

world premiere on 8, 9 September 2012
at Biwako Hall Center for the performing Arts, Shiga, Japan
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/05/2065/

Following the last performance La Chambre Claire (2008, premiered at Theater der Welt festival in Germany), Shiro Takatani’s new performance CHROMA was created through 3 weeks rehearsal and premiered at Biwako Hall, Japan.


Direction :
Shiro Takatani
Performer :
Misako Yabuuchi, Yuko Hirai, Olivier Balzarini, Alfred Birnbaum
Music :
Simon Fisher Turner, Takuya Minami, Marihiko Hara
CG/Computer programming :
Ken Furudate
Stage manager :
Nobuaki Oshika
Video technician :
Shimpei Yamada
Stage technician:
So Ozaki
Conceptual collaboration :
Hiromasa Tomari, Alfred Birnbaum
Voices:
U-zhaan (text: Misako Yabuuchi)
Paolino Accolla (Aristotle, Leonardo), Mark Robinson (Newton), Markus Thinnes (Goethe), Alfred Birnbaum (Wittgenstein), Jasper Fisher Turner
graphic design :
Takuya Minami
company manager :
Yoko Takatani (dumb type office Ltd.)
Stage technique, sound and lighting :
Biwako Hall Foundation, Keijibukyo Co.,
Presented by 
Biwako Hall 
Production :
dumb type office Ltd.
Coproduction :
Biwako Hall Foundation
Support :
The Saison Foundation
Cooperation :
Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM], Seian University of Art and Design

exhibition : AfterGold

Shiro Takatani / Chrono + silence
4 June - 4 July, 2012
Radar, Loughborough University, U.K.
http://www.arts.lboro.ac.uk/radar/programme_archive/aftergold/shiro_takatani/

AfterGold was conceived by Momus and takes as its premise that -- whether we're chasing gold medals or gold coins -- there comes a point where we've achieved all we can competitively, and the focus shifts to what we'll do after sporting or commercial success, and why we'll do it. This theme links Britain and Japan, as societies which have been highly successful as trading nations and are now shifting to post-industrial and service economies. The question is essentially one of values: what do we do -- and who do we become -- after we've supposedly won at life?

silence: Shiro Takatani 120604 from shiro takatani on Vimeo.

Shiro Takatani creation 2012 - work in progress

rehearsal at Biwako Hall
filmed on 14 January 2012

performer:
Misako Yabuuchi, Yuko Hirai, Olivier Balzarini
music:
Simon Fisher Turner
sound design:
Takuya Minami
CG/computer program:
Ken Furudate
stage manager:
Nobuaki Oshika
video technician:
Shimpei Yamada
sound assistant:
Marihiko Hara
conceptual collaboration:
Hiromasa Tomari
company manager:
Yoko Takatani (dumb type office Ltd.)
stage technique:
Biwako Hall Foundation Technical Department, Keiji Performing Arts Cooperative
production :
dumb type office
coproduction :
Biwako Hall Foundation
support :
The Saison Foundation
cooperation :
Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

rehearsal for Shiro Takatani's new performance creation in 2012

public rehearsal on Saturday 14 January 2012, 15H00
@Biwako Hall Center for the Performing Arts, Shiga, Japan
http://www.biwako-hall.or.jp/event/detail.php?c=20111105160
creation participant;
Simon Fisher Turner, Olivier Balzarini, Misako Yabuuchi, Yuko Hirai,
Takuya Minami, Ken Furudate, Nobuaki Oshika, Shimpei Yamada, and more

supported by The Saison Foundation

Fujiko Nakaya : fog installation

23 Nov. 2011 - 25 Dec. 2011
lighting design by Shiro Takatani
Ishibutai Tumulus (Asuka Historical Park, Nara)

Mallarmé Project II on Ustream

1 OCT, 19H (Japan time)
http://www.ustream.tv/channel/kpac#events

Mallarmé Project II - an experimental performance on the basis of text reading
Stéphane Mallarmé «Igitur»
filmed/recorded on 14 August, 2011 at Kyoto Performing Arts Center

direction:
Moriaki WATANABE
text reading:
Moriaki WATANABE, Akira ASADA
music:
Ryuichi SAKAMOTO
visual:
Shiro TAKATANI
dance:
Tsuyoshi SHIRAI, Misako TERADA

CD artwork : 坂本龍一「PLANKTON」

インスタレーション《PLANKTON|漂流する生命の起源》のための音楽 
アート・ディレクション:高谷史郎
CD デザイン:南琢也
http://www.milanmusic.fr/catalogue/1539


展覧会「Le Grand Orchestre des Animaux」

2016年7月2日(土)~2017年1月8日(日) 
《PLANKTON|漂流する生命の起源》 
クリスチャン・サルデ(写真・映像) 
高谷史郎(インスタレーション) 
坂本龍一(サウンド) 
カルティエ財団現代美術館(フランス、パリ) 
https://www.fondationcartier.com/?l=fr#/fr/art-contemporain/26/expositions/2638/en-ce-moment/2640/le-grand-orchestre-des-animaux/  
 
坂本龍一とのインタヴュー 
https://www.youtube.com/watch?v=fN7ouL4T-SM  
クリスチャン・サルデとのインタヴュー 
https://www.youtube.com/watch?v=cUgpEc7PU4U


ライブ+トーク : オープン・サロン|ICC X 新国立劇場 合同企画

《CHROMA》スペシャル・ライブ+トーク 
2016年 5月11日(水)19:30開演 
出演: 高谷史郎、 原 摩利彦、 古舘 健、 南 琢也 
NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]  
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2016/Opensalon88/index_j.html

展覧会「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」

2016年4月23日(土)~5月22日(日) 
PLANKTON|漂流する生命の起源 
クリスチャン・サルデ(写真・映像) 
高谷史郎(インスタレーション)  
坂本龍一(サウンド) 
京都市美術館 別館 
http://www.kyotographie.jp/en/portfolio/sardet-takatani-sakamoto


展覧会「コレクション 1」

2015年10月10日(土)~ 12月27日(日) 
《optical flat》 国立国際美術館蔵 
国立国際美術館 

新作パフォーマンス「ST/LL(スティル)」

世界初演 2015年5月12日(火)・13日(水)
ル・ヴォルカン国立舞台(フランス、ルアーヴル)
http://www.levolcan.com/spectacles/shiro-takatani


ディレクション :
高谷史郎
出演 :
鶴田真由、平井優子、薮内美佐子、オリビエ・バルザリーニ
音楽 :
坂本龍一、原 摩利彦、南 琢也
照明 :
吉本有輝子
メディア・オーサリング :
古舘 健
テキスト :
アルフレッド・バーンバウム
舞台監督 :
大鹿展明
技術監督 :
尾﨑 聡、トーマス・レブラン
映像技術 :
山田晋平
アシスタント・プログラマー :
白木 良
制作 :
高谷桜子(dumb type office Ltd.)

謝辞 :
「60のゆりかご レホッネ シンタ」口演:川上容子
   
©公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構

製作 :
ダムタイプオフィス
共同製作 :
ル・ヴォルカン国立舞台(フランス、ルアーヴル)、 公益財団法人びわ湖ホール
プロダクション・ツアー :
エピデミック

インスタレーション「LIFE-WELL Park Hyatt Tokyo Version」

坂本龍一+高谷史郎 パーク ハイアット 東京 20周年記念「TIMELESS PASSION」
2014年11月13日(木)~ 11月24日(月・祝)
パーク ハイアット 東京 41階ピークラウンジ


パフォーマンス「繻子の靴」(公開リハーサル/work-in-progress)

演出:渡邊守章、映像・美術:高谷史郎
2014年10月5日(日)
京都芸術劇場 春秋座

展覧会「新たな系譜学をもとめて ― 跳躍 / 痕跡 / 身体」

2014年9月27日(土)~ 2015年1月4日(日)
ダムタイプ新作インスタレーション
《MEMORANDUM OR VOYAGE》(2014年9月27日~11月16日)
《Trace/React》(2014年11月18日~2015年1月4日)
東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/seekingnewgenealogy.html



展覧会「KYOTOGRAPHIE 国際写真フェスティバル」

2014年4月19日(土)〜 5月11日(日)
「火星 ー 未知なる地表」
キュレーション:グザビエ・バラル
ヴィデオ・インスタレーション:高谷史郎
京都文化博物館 別館
http://www.kyotographie.jp/artists/51.html


パフォーマンス「葵上/二重の影」

構成・台本・演出:渡邊守章、映像・美術:高谷史郎
2014年3月29日(土)・30日(日)
京都芸術劇場 春秋座
http://www.k-pac.org/performance/20140329b.html
□『葵上』(改訂版)
80年代にPARCO PART-3で上演された実験的舞台の再演。湯浅譲二のミュジーク・コンクレート(1961年)を素材に、現代演劇と能狂言の「ジャンクション」として発想された舞台。
□『二重の影』
フランスの詩人、ポール・クローデル(1868-1955)の戯曲『繻子の靴』の一場。

展覧会「water state 1」「LIFE―fluid, invisible, inaudible… ver.2」

坂本龍一+高谷史郎 YCAM10周年記念「ART-ENVIRONMENT-LIFE」
2013年11月1日(金)〜2014年3月2日(日)
山口情報芸術センター [YCAM]
http://www.ycam.jp/en/art/2013/11/art-environment-life.html


能楽コラボレーション「LIFE-WELL」

野村萬斎+坂本龍一+高谷史郎
2013年10月22日(火)
山口情報芸術センター [YCAM]

関連インスタレーション「LIFE-WELL インスタレーション
2013年10月20日 (日) ~ 22日 (火)、26日 (土)、27日 (日)、11月1日 (金) 、3日(日)、4日 (月・祝)
野田神社境内(山口市)
http://10th.ycam.jp/term2/525/

展覧会「Forest Symphony」

坂本龍一/YCAM InterLab/高谷史郎/矢坂健司
2013年7月26日(金)~12月1日(日)
山口情報芸術センター [YCAM]
http://10th.ycam.jp/term1/493/

展覧会「京都グラフィー 国際写真フェスティバル」

2013年4月13日(土)~5月6日(月・祝)
インスタレーション《Ice Core》《Snow Crystal - fiber optic type》 
於:西行庵(京都市東山区鷲尾町524)
http://kyotographie.jp


展覧会「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」

2012年10月27日(土) ~ 2013年2月3日(日)
東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/music/
新作インスタレーション《collapsed》《silence spins》坂本龍一、オノセイゲンとの共同制作

新作パフォーマンス「クロマ」

世界初演 2012年9月8日(土)・ 9日(日)
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/05/2065/

2008年『明るい部屋』(初演:Theater der Welt、ドイツ)に続く、高谷史郎を中心とするクリエイションチームによる新作パフォーマンス。びわ湖ホールでの約3週間にわたるリハーサルを経て制作・初演。


ディレクション:
高谷史郎
出演:
薮内美佐子、平井優子、オリビエ・バルザリーニ、アルフレッド・バーンバウム
音楽:
サイモン・フィッシャー・ターナー、南 琢也、原 摩利彦
CG/コンピュータ・プログラミング:
古舘 健
舞台監督:
大鹿展明
映像技術:
山田晋平
舞台技術:
尾﨑 聡
コンセプチュアル・コラボレーション:
泊 博雅、アルフレッド・バーンバウム
声:
ユザーン(文:薮内美佐子)
パオリーノ・アッコラ(アリストテレス、レオナルド)、マーク・ロビンソン(ニュートン)、マルクス・ティネス(ゲーテ)、アルフレッド・バーンバウム(ヴィトゲンシュタイン)、 ジャスパー・フィッシャー・ターナー
グラフィック・デザイン:
南 琢也
制作:
高谷桜子(dumb type office Ltd.)
舞台操作・音響・照明:
公益財団法人びわ湖ホール、京滋舞台芸術事業協同組合
主催:
公益財団法人びわ湖ホール
共同製作:
ダムタイプオフィス、公益財団法人びわ湖ホール
助成:
公益財団法人セゾン文化財団
協力:
山口情報芸術センター [YCAM]、成安造形大学

高谷史郎 新作パフォーマンス 2012

公開リハーサル @びわ湖ホール
2012年1月14日撮影

出演:
薮内美佐子、平井優子、オリビエ・バルザリーニ
音楽:
サイモン・フィッシャー・ターナー
サウンド・デザイン:
南 琢也
CG/コンピュータ・プログラム:
古舘 健
舞台監督:
大鹿展明
映像技術:
山田晋平
サウンド・アシスタント:
原 摩利彦
コンセプチュアル・コラボレーション:
泊 博雅
カンパニー・マネージャー:
高谷桜子
舞台技術:
公益財団法人びわ湖ホール舞台技術課、京滋舞台芸術事業協同組合
主催:
公益財団法人びわ湖ホール
制作:
ダムタイプオフィス、公益財団法人びわ湖ホール
助成:
公益財団法人セゾン文化財団
協力:
山口情報芸術センター [YCAM]

高谷史郎 新作パフォーマンス制作のためのリハーサル

公開リハーサル 2012年1月14日(土)15:00
@滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
http://www.biwako-hall.or.jp/event/detail.php?c=20111105160
参加メンバー;
サイモン・フィッシャー・ターナー、オリビエ・バルザリーニ、
薮内美佐子、平井優子、南 琢也、古舘 健、大鹿展明、山田晋平、ほか

*公益財団法人セゾン文化財団 助成事業

中谷芙二子「霧のインスタレーション」

2011年11月23日(水・祝)~12月25日(日)
照明デザイン協力:高谷史郎
石舞台古墳(奈良県明日香村)
午前8時30分~午後7時(受付/午後6時45分まで)
*9:00~18:00 の毎時0分から10分間、石舞台が霧に包まれます。

マラルメ・プロジェクトⅡ

10月1日(土)19時~ Ustream配信
http://www.ustream.tv/channel/kpac#events

19世紀フランスの詩人ステファヌ・マラルメのテクスト朗読に基づく実験的パフォーマンス
(2011年8月14日、京都芸術劇場・春秋座)

構成・演出:
渡邊守章
朗読:
渡邊守章、浅田 彰
音楽・音響:
坂本龍一
映像・美術:
高谷史郎
ダンス:
白井 剛、寺田みさこ